HOME>メッセージ

「僕は仕事にいっている」という一言

私の仕事のひとつに、ひきこもりや就労困難な方の家庭訪問というのがある。
先日、とあるご家庭に訪問しましたので、少しさわりを紹介したいと思います。

大学中退後、10年以上ひきこもっている息子さんに悩み両親からご相談をいただきました。
最初は両親と事務所で面談をし、2回目の約束は本人を連れてきていただけるという話でしたが
かないませんでした。
せっかくなので伺いますのでいうと、とても喜んでいただけたので、自宅訪問が実現。
本人には、私が訪問することを伝えられておらず、とても驚いた様子でした。
ご両親を交えて、居間で話をさせていただきました。
30分程度ご両親が話をされており、今日は本人と一言も話せず終わってしまうのではないか
と思った矢先に、彼はほぼひきこもってはいるが、毎週水曜夜に出かけている理由を
聞くことができました。

毎週水曜どこにいっているのかとたずねると、重い口を開いて、
「僕は仕事にいっている」と話しをしてくれました。
両親や家族だけだと恥ずかしかったり認められなかったりするが
僕らが間に入れば今なら言えると思ったのでしょう。
両親に、これから毎週水曜は行ってらっしゃいと言ってくださいね、と話しをし
また、お伺いしますねと帰路につきました。
数十年変わらなかった家族や人の人生が変わるきっかけをつくれるこの仕事に
とても感謝をしています。
スポンサーサイト
●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

この記事のトラックバックURL

http://narisawashunsuke.blog.fc2.com/tb.php/680-80911763

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】