HOME>メッセージ

私が証明したいこと

ゴールデンウィーク、少し時間があると人は余計なことを考えてしまうようだ。
おかげさまでドロドロしてなんともいえない難しい就労困難な方の傍に寄り添うという仕事とダイナミックに企業経営者のコンサルティングをするという2つの仕事をさせてもらっています。

おととしの12月、私にはターニングポイントがやってきた。
そこでもっとも感じたことはもっと部下のために時間を使う事であった。
それまでの私は、業務時間中はとにかくお客様に会い、業務時間外もプラスアルファで部下のマネージメントをしていました。
それではだめだということに気づかせてもらい、現在私の仕事の約4割は部下であるリーダーが現場に伝えるメッセージを補足したり、各事業所の現場で汗を流すことに力を注ぐようにしました。
そこから地に足がつき、部下⇒トレーニング生⇒お客様⇒社会という良い循環が生まれるようになった。

カタカナにすると少しいやらしく聞こえるが、マネージメントというか、チームを運営する上で大事にしたいこと、いや、証明したいことがあります。
それは「守ってもらえると思えた時の人の強さ」です。
私が見ているメンバーはこれまで集団や仲間、そして組織においては邪魔者扱いされたり、省かれたり基本的にネガティブな扱いばかりを受けてきています。しかしそんな彼らが青春時代でも社会人生活でも家族生活でも味わえなかった守ってもらえるという感覚を強く確信したとき、彼らはやっと人のために人生を歩み始めることができる。
それが結果的にパフォーマンスを向上させ、よりよいチームになり人に「ありがとう」と「ごめんなさい」を言える循環につながるのだと思います。
そんな守ってもらえる安心感を意識したとき、結果は黙ってついてくると思います。そこに力を注ぎ、時間を費やしながらこれからもいい会社、いい仲間づくりを続けたいと思います。
スポンサーサイト
●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

この記事のトラックバックURL

http://narisawashunsuke.blog.fc2.com/tb.php/598-ab7e2c7e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】