HOME>視覚障がいの日常

かっこつけられなかった差し入れでのハプニング

また視覚障がい者に関する日常のことをご紹介したいと思います。
先日アイエスエフネットグループの青山本社で業務をやっていた時のことです。

メンバーと話をし、私は幹部会議が始まるので自販機で飲み物を買って別れることにした。
私の場合字が読めないのでいつも自販機は勘で購入している。
だいたい1番上の列はペットボトルで右下にはあまり売れない商品が陳列されている。
そんな中メンバーにも差し入れをしようと思ってもう一本全然違う場所、列にある商品を買って2つの飲み物を手にして満面の笑みでメンバーにどちらがいいかと聞きました。
※そろそろオチが読めてきましたね。

メンバーに逆に笑顔で「2本とも同じ飲み物です」と言われてしまいました。
またリベンジをしたいと思います。

I would like to talk about daily life of a visually handicapped person.
This story is about when I was working at headquarter of ISFnet in Aoyama.

Since I had an executive conference, I decided to buy something to drink from vending machine and to say goodbye to members.
Since I cannot see things, I use my intuition when I buy something from a vending machine.
From my experience, there are bottled drinks in the top row and unpopular drinks on the lower right.
I was going to buy something for the members so I bought two drinks that are on completely different position and different row in vending machine.
I got two of them with huge smile and I asked them which one they prefer.
※I think you can guess the punch line.

They said to me with huge smile that “two of them are the same.”
I would like to revenge one day.
スポンサーサイト
●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

この記事のトラックバックURL

http://narisawashunsuke.blog.fc2.com/tb.php/528-26842631

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】