HOME>視覚障がいの日常

外国人にフォークを勧められた

僕は、光と色の白黒の判別程度しか視力が残っていません。
基本的に外食に行くと、フレンチやイタリアンのお店でも
必ず箸をもらうようにしています。

先日、自宅近くの騒がしい今風な居酒屋で食事をしており、
箸で食事をとっていました。
すると、外国人スタッフの方が申し訳なさそうに
「良かったらフォークをご用意しましょうか?」
と、声をかけてくださいました。

決して目が見えないことも、幼少期アメリカで過ごしたことも
関係ありませんが、ありえないくらい箸の使い方が下手です。
改めなければいけないな、と考えさせられる出来事でした。

スポンサーサイト
●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

この記事のトラックバックURL

http://narisawashunsuke.blog.fc2.com/tb.php/467-d8b2f1ac

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】