HOME>メッセージ

「一人一秒のプレゼント」

いつも大変お世話になっております。
就労困難者の雇用創造に取り組むアイエスエフネットグループにおいて、
特例子会社アイエスエフネットハーモニーの責任者を務めている成澤俊輔と申します。

アイエスエフネットグループの渡邉代表の著書でも掲載されていますが、
「一人一秒のプレゼント」というお話があります。

このお話は実話で、困っている一人のためにみんなが一生懸命頑張ることの素晴らしさが
身に染みて伝わる内容となっております。

当社では朝礼時などの様々な場所で話されていますが、その度に感動とともに誰かのために今日も頑張ろうという気持ちになれます。

ご存知の方は多いと思いますが、この感動を共有するために、「一人一秒のプレゼント」を掲載させていただきます。


「一人一秒のプレゼント」

それは太田先生の前の学校でのお話です。先生が担当されていたクラスに脚の悪い男の子がいました。
名前は正博で、皆から‘マサ’と呼ばれていました。マサは右脚が不自由でした。
でも明るい性格で、友達とグランドでサッカーをしたり、体育の授業にも参加するがんばり屋でした。
その学校にも運動会が近づいて、学級対抗リレーの練習に熱が入り始めたころ、その問題は起こりました。

ある日、太田先生が放課後、職員室に残っていると、マサが入って来ました。
そして元気のない声で言うのです。

『ぼく、学級対抗リレーには出ません』

『どうしてなの』

太田先生はマサの顔をのぞき込みました。

『・・・・』

マサはおしだまってうなだれています。

『がんばり屋の君らしくないな。先生は、マサの走りは素晴らしいと思っているのよ。
マサが一生懸命走っているのを見るとね、先生ももっともっとがんばらなきゃって思うんだ』

マサは体を固くして、下を向いています。そして、やっと重たい口を開くと、

『ぼくが走ると負けるから。ぼくのせいでクラスが負けるのがいやだから』

そう言うと、肩を大きく振りながら職員室を出て行きました。

次の日、太田先生は、マサと仲のいい子にどうしてマサがそんなことを言い出したのか尋ねてみました。
すると、クラスの一部の子が
『マサがいる限り一等にはなれっこない』
と話をしているのを偶然本人が聞いてしまったと言うのです。

その日の学級会で、太田先生は、マサがリレーに出ないと言っていることと、その理由を皆に話しました。
そして、こんなことも付け加えました。

『リレーは、みんなが力を一つに合わせてがんばるところが素晴らしいんだよ。
大切な友達を傷付けながら優勝したって、何がうれしい?どこが素晴らしい?』

マサは、机をバン!と叩たくと立ち上がりました。

『先生、もういいんです。ぼくがちゃんと走れないのが悪いんだから』

みんな下を向いて、沈黙が続きました。すると、ある男の子が手を上げました。

『マサ、走れよ。クラスみんなが、一人一秒早く走れば、三十八人で三十八秒早く走れる。
そしたら勝てるよ。』

その日から、子供たちは毎日遅くまで、それは熱心にバトンタッチや、走る練習を重ねました。
マサも練習に参加していたことは言うまでもありません。
そして、いよいよ運動会の日、マサはみんなの声援の中、歯を喰いしばって、最後まで走りました。
そして、クラスメートもマサへのプレゼントの一秒のために、全力を尽くして走り抜きました。
他のクラスは、バトンを落としたり、転倒する子もあって、マサのクラスは本当に一等賞になったのです。
太田先生は、みんなと‘バンザーイ’とさけびながら、涙のむこうの子供らの笑顔がまぶしくて仕方ありませんでした。

(抜粋:奥村久美子「一人一秒のプレゼント」『ありがとうを伝えたい 第二集』芸術生活社)
スポンサーサイト
●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

この記事のトラックバックURL

http://narisawashunsuke.blog.fc2.com/tb.php/120-c9abf5ac

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】