fc2ブログ

2016年03月

  1. 2016/03/17 4月16日に日本最大級のひきこもりイベントが開催されます。
  2. 2016/03/15 FDAの特徴について
  3. 2016/03/12 おばあちゃんと呼ばれたくて
  4. 2016/03/09 視覚障がいを持つトレーニング生との対談Vol.1
  5. 2016/03/07 またラジオを通して「つながる」
  6. 2016/03/07 あれから3年
  7. 2016/03/01 再会
  8. 2016/03/01 手を離さないでください
  9. 2016/03/01 「メンタル不全」と言わなくなって
←NEXT

4月16日に日本最大級のひきこもりイベントが開催されます。

前回私も参加をさせていただきましたが、ひきこもりの当事者が様々なチャレンジをしており、そのような取り組みを知り、体感するイベントが4月16日に開催されます。
ISFネットグループとしてもイベントを全面的にバックアップしますので是非ご参加いただければと思います。

ひきこもりUXミーティング
http://blog.livedoor.jp/uxkaigi

【時間】4月16日11:00-17:00
【場所】PiO ●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

FDAの特徴について

本日は、FDAの特徴についてお話したいと思います。
FDAでは、就労困難な方の居場所づくり・職業訓練・就労支援を行っています。
運営する上で二つのことを大事にしています。

まず1点目は、仲間や組織に支えてもらうことの喜び。
FDAトレーニング生の多くは、集団の中でいじめられたり、のけものにされたり、集団に対しネガティブな印象をを持ったメンバーが多くいます。
しかし本来、仲間とつながること、組織に加わることは安心感があり、人に必要とされる喜びを感じてもらうことだと思います。
だから私は、仲間っていいな、組織っていいな、というのを感じてもらいたいと思っています。

そして二つ目は、「比べる相手がいないこと」を意識しています。
コンプレックスや劣等感にさいなまれているみんなにどうやって人と比べず自分のペースで歩んでもらえるかを気づき、実感してもらえるかを心掛けています。
その結果、約80名以上のトレーニング生がいますが、40種類以上の障害や病気を抱えているメンバーが25の市区町村から通ってくれています。
そんないろんな人がいるからこそ、悩み、折り合いをつけながら安心し、自分ら しさを見つける、そんな場所で、これからもありたいと思います。

--------------------------‐------‐---------

Features of FDA

I would like to talk about some features of FDA.
In FDA, we are engaged in making place to belong and supporting job
training and employment for people with difficulty to work.
In FDA, we especially value two things below:

One is the joy to be supported by members and organization.
Many of people in job training tend to have negative impression on
groups because they have experience to get bullied and to be treated as
an outcast in a group.
However, I think that to connect with people and to belong to the
organization originally provide people a sense of security and joy to be
needed by people.
Therefore, I would like them to feel the good side of groups and
organizations.

The other is the fact that “there is no one to compare” in FDA.
We keep in mind that how we can contribute to letting people who have
inferiority complex not compare with others and having them at their own
pace. As a result, we have 80 people in job training at FDA including
people with over 40 kinds of disabilities and diseases from over 25
cities.
I would like FDA to be the place where people can feel secure and find
their own styles, thanks to the presence of many different people. ●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

おばあちゃんと呼ばれたくて

先日、四半期に一度の、スタッフ・インターンボランティアでの懇親会がありました。
おかげさまで、30名以上のメンバーが集まり、日ごろの苦労をねぎらうことができました。

その中で、昔から一緒に仕事をしている障がいを持つ子供のお母さんである社員が
「私はおばあちゃんと呼ばれたいのよ」
と切実に話をしていました。
ぜひ、実現をさせ、その、来賓の挨拶をするという新しい夢が出来ました。
こんな人生の様々なライフイベントに関わる仕事ができ心から感謝申し上げます。

Few days ago, we hold a business drinking party once a quarter with our FDA staffs, interns, and volunteers.
Thanks to them, more than 30 members gathered and appreciate the great pains we have taken.

A staff who I have been worked with for long and has a son with disabilities said to me that “I want to be called grandma” keenly.
I got new dream to make it happen and to give the congratulatory speech of the guests.
I appreciate that I am doing the job that I can be involved with many live events like this.

●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

視覚障がいを持つトレーニング生との対談Vol.1

新たな企画をこのブログでスタートしたいと思います。
約10年間、就労困難な方の支援をしていく中で、私の原点は自分が出会いたかった人材になること。
その一環で、最近FDAに通所を始めた同じ病気を持つトレーニング生とブログ上で会談を始めたいと思います。

ボリューム1

トレーニング生:成澤さんがアイエスエフネットの渡邉代表に初めてお会いした時と、その時に代表からいただいた印象的な言葉を教えていただけませんか?

私:まず、私が代表とお会いしたきっかけについてお話します。
代表がよく講演会で話をしてくれますが、私が代表に出会ったころ私には夢がありました。
精神障害を持つ女性と20代の学生と障害を持つ子供のお母さんの3人を雇うという夢がありました。
その頃まだ私は25歳前後で、その覚悟に代表がとても共感してくれました。まさか
そのときに一緒に事業をするとは思いませんでした。

次に、これまでに代表にかけていただいた印象的な言葉ですが、
先日ブログでも紹介させてもらいましたが3年前に髄膜脳炎で転換発作を起こしました。そのとき、出張から慌てて帰国した代表は病院にお見舞いに来てくれました。
私は見舞いに来てくれた代表に「私はここで止まるわけにはいきません」という
キャリアアップへの覚悟と焦りを話しました。
すると退院し半年後の年末、
社長面談で代表に昇格人事を任命して頂きました。
そのとき代表に「入院中にステップアップしたい」と話をしていたよなと言われました。
きっと代表は私の半年以上前の生死を彷徨ったときの言葉を未来ノートに刻んでくれたのだと思います。
そんな数千名の会社の代表が一人一人の人生や言葉に向き合っていることをとても感激しています。

----------------------------------------

Title:When I met President Watanabe for the first time and his
impressive words

――――――――――

I would like to carry out a new project in this blog.
During 10 years that I have supported people with difficulty to work, I
realized that my roots would be to be the person who I would want to
meet.
As a part of it, I would like to begin the interview with a person who
has the same disease as mine and recently became the worker in training
at FDA
I would like to begin the interview with her from now on in this blog.

*VOLUME 1*

Her:
Could you tell me how you met President Watanabe, who is the president
of ISFnet, for the first time and the impressive words you got from him?

Me:
Sure. This time, I would like to introduce about the chance to meet
President Watanabe and one of the most impressive words that he gave me.

As President Watanabe often mentions this in his seminar, I had a dream
to hire the three people when I first met the president: a woman who
have mental illness, a student in her 20s, and a mother of a child with
disability.
At that time, I was about 25 years and the president sympathizes my
decision very well.
I didn’t expect that I was going to work though.

For the impressive words, as I introduced it in the previous blog, I
have an epileptic seizure because of meningoencephalitis 3 years ago.
At that time, President Watanabe was hurried to return to Japan from
overseas to see me in the hospital. I told him “I cannot stop because
of this” to show him my determined mind to career up and my impatience.
Then, half a year later from that event, I got promoted. At the time of
my promotion, the president told me that I said “I want to career up”
when I was in the hospital.
I assume that he kept my words in his diary, “Future Note,” when I was
wandering the life and death.
I am so impressed with the fact that the president who has 3400
employees faces the words and lives of employees one by one. ●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

またラジオを通して「つながる」

あまりメディアに出ることは得意ではないが、少しでも静まっている人たちに光が差せばと思います。

http://www.1242.com/program/hidamari/

先日、ラジオを聞いたお母さんが娘さんを連れて相談にいらっしゃった。
娘さんが最初一人で見えたのですが、お父さんお母さんが玄関の後ろから顔をだし、「一緒に同席してよいですか」と不安そうに話しかけられました。
娘さんは同じ年齢、趣味の料理が転じて、調理の専門学校を卒業されています。ご縁を感じました。

最後に言いたいことないですかと聞くと、恥ずかしそうに元気な両親を目の前に「両親が死ぬまでに自立をしたい」と話をされていました。こんなお手伝いができることに感謝の気持ちでいっぱいです。

また帰り際に菓子折りを渡してくださった。両親が本人を立てるかのように、本人に私に直接菓子折りを渡す瞬間が印象的だった。

I am not that good at appearing on the media, but I hope I can reach my voice to someone who needs our help.

http://www.1242.com/program/hidamari/

Few days ago, a mother who listened to me speaking on radio brought her daughter to do some consultation.
At first, the daughter come to visit us by herself, and her father and mother put their head out of the entrance and asked if they could sit at the same table with their daughter.
The daughter was same age as me and she graduated cooking school because her hobby was cooking. I thought our meeting was fated.

When I asked her if she had something to ask and she told me that she would like to become independent before her parents die, feeling shame in front of her cheerful parents.

And she gave me a box of cakes. It was impressive that the parents gave the box of cakes to their daughter like they pay due respect to their daughter. ●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

あれから3年

私の人生を変えた3月7日から3年が経ちました。

http://blog.canpan.info/fda/archive/460

ここから自分の生き方に軸ができ、力まなくなったように思います。
これからもこの日に、そして入院中に向き合ってくださったすべての人のためにも、「笑顔」でい続けて参りたいと思います。

It has already been 3 years from March 7th, the day that changed my life.

I think I got inner fortitude for my life and I think I can relax all the time.
I would like to continue smiling for this day and for everyone who faced me when I was hospitalized.
●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

再会

あれから4年が経った。
そのころの私には「強がること」しかできなかった。
その強がりは、売り上げが立たないこと、周囲からお金をもらうことへの恐れなど。

ひょんな縁から、先週再開を果たした、私が国内で最も視覚障がいを持ちながら経営を一緒にしたいと思っていた人との再会。
お互い、この数年で丸くなり、人を頼れるようになった。
タイミングにきっと遅い早いもないんだろう。
皆さんに報告できる日を楽しみにしています。

It has been already 4 years.
4 years ago, I couldn’t do anything but putting on a bold front.
And it stemmed from fear for not increasing sales and receiving money from others.

By unexpected chance, I reunited with the visually impaired person who I wanted to establish a company with.
Two of us became kind of mellow and we came to be able to rely on people.
I think there is no slow or early for timing.
I am looking forward to informing you the good news about us.

It has been already 3 years from March 7th, that changed my life.
●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

手を離さないでください

忘れられない東北のパンの味があります。
先日、とある相談で両親が東北からFDAへ来社されました。お母さんは打ち合わせの半分以上、泣いていた。
ぼくには「これまでつらかったですね」という労いと「これからは大丈夫」という覚悟を見せる事しかできませんでした。
もっと早く我々と出会いたかったという気持ちはあるだろうが、残り一か月を残して我々に出会える、これこそ絶妙のタイミングかと思います。

先日講演ツアーで回った時にたまたまお母さんの誕生日に私と出会った。誕生日と聞いたので、思わず手元にあった当社の新刊をお渡しした。当日夜遅くに心の叫びのようなメールをいただいた。そこから数か月、我々と「つながる」が正式に決まった。

お母さんからお礼のメールの最後にこう書いてあった。
「娘の手を離さないでください」と。

就労支援や一般就労など言葉なんてどうだっていい。
「つながる」このメッセージを体現し続けることができればと思います。

I cannot forget the taste of bread that I ate in Tohoku.
Few days ago, parents of someone came to our office for consultation and the mother was crying for over half of the meeting.
I couldn’t do anything but saying “it must’ve been hard,” and “it will be all right.”
I think they have the feeling that they wanted to see us sooner, but we could meet when the time remaining was one month. What a miraculous timing.

The other day, I met the mother on her birthday by chance when I went to Tohoku to give some lectures. I heard it was her birthday, I cannot help giving out the latest book of ISFnet group. At night of the day we met, she gave me the email and it was like cry of her heart. And after few months, we decided to “connect” officially.

In the email I got from the mother, it said that “please don’t let go of my daughter’s hand.”

I don’t care if it is support for employment or general employment.
I would like to embody the message “to connect.”

●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

「メンタル不全」と言わなくなって

アイエスエフネットグループやFDAでは就労困難者の支援をしているが、その中でもみんなの共通点は「心の揺れ」「折り合いをつける」というテーマではないでしょうか。
ひきこもりでも生活保護受給者でもリストラされた方でも、そして私もみんなが揺れながらここに集っているからこそそこには安心感がある。

先日、見学にお見えになった方がいたので、メンバーと話をしました。
FDAに通い始めて変化したことは正直に「うつ病」と言えるようになったことであると。
これまではメンタル不全とずっと言っていて、私もいつかその殻を破れる時が来るのではないかと信じていました。
所詮言葉、されど言葉、アクションし続けている人だけが変わっていけるのだと思う。

ISFnet group and FDA support people with difficulty to work, and we share the theme of feeling uncertain and coming to terms.
Everyone such as stay-at-home, people who receive public assistance, and also me gather here feeling uncertain, so in here, we can feel sense of security.

I was talking with a member because someone came to visit us.
The member told me that after he started coming to FDA, he got able to say that he is depressed.
He used to say that he feel depressed, and I thought the time is coming when he breaks out of his shell.
Even it is only words, I am sure that the person who make actions can change.
●NPO法人FDAはNPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!|gooddo(グッドゥ)に登録しております●ご支援お願い申し上げます。 http://gooddo.jp/gd/group/fda/

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】